青汁とは?

青汁とは、緑黄野菜や植物をすりつぶした飲み物のことです。
青汁に含まれる栄養素は、主なものだけ挙げてもビタミンA、ビタミンC、カルシウム、食物繊維、βカロチンなどがバランス良く含まれています。
青汁は、日本発祥の飲み物だということを知っていますか。
青汁が誕生したのは第二次世界大戦中の食糧難の時期でした。
博士は青汁の力を確信しました。
日本で初めて誕生したこの青汁は、ケールという緑黄色野菜を原料として作られていました。
青汁は、日本の戦後の食糧事情の悪さをカバーするために大いに役立ち、人々の健康を守る飲み物として欠かせない存在になったのです。
ただし、それは野菜に放射性物質や農薬、化学肥料などが含まれていないことが前提です。
残念ながら、現在の日本では、野菜一つ一つに、放射性物質セシウム○○ベクトル含む・または不検出というような表示は行われていません。
元祖青汁はケールから生まれましたが、現在では多くの会社が独自の研究を重ねてより栄養を効率良く摂取できる青汁の配合を独自に生み出しています。
あなたも、多くの種類がある青汁の中から自分にぴったりの青汁を見つけてください。